冬っぽい

素直に生きてゆく

ゲット・アウトを観た!

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1C4WrFdO9L._RI_SX300_.jpg

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に過剰な歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかり。 

Amazonのあらすじより引用

 というストーリーで、確かにほとんどのシーンが妙な違和感だらけで、えっこの先どういうことになるのかな?もしかしてこういうことになるんじゃないだろうか?とか考えちゃったりしながら、結局引き込まれながら最後まで観れた。でも考えていたのとはだいぶ違った展開で、例えばティーカップの作用だけの展開かと思っていたら…とか、確かに観終わった今なら、あそこのあれはそういうことだったのか!てなるやつー!な映画だった。そして結末は自分的にカタルシスきたきたきた!となったのでヨカッタ!

どうでもいいけど、このパッケージ画像は強烈ですよね顔が(おい

 ちょっと観終わった後だとじわじわくる(笑)

 

あとこのクリスの顔どこかで…?と一目見て思って観終わった後、調べてみたらブラックパンサーだった!